お困りごと解決提案 迫力を出す

迫力を出す


実際に見ているときの輝きや質感を再現することや、より強調して表現することができます。印刷に更に加工をすることで、伝わりきれなかったイメージを伝えることができます。

加工前 (Before) 加工前全体写真
矢印アイコン
加工後 (After) 加工後全体写真

加工前 (Before)の拡大図 加工前拡大部写真
矢印アイコン
加工後 (After)の拡大図 加工後拡大部写真

おすすめ 加工・印刷

蒸着PET
印刷物にアルミニウムのフィルムを貼ることによってメタリックな表現になります。また印刷やUVラミコートなどの後加工ができます。制作事例)蒸着PET+ホログラムLC、蒸着PET+UVオフセット印刷
ホロ蒸着PET
ホログラム加工を蒸着PETに施すことで、蒸着のメタリック感が加わりホログラムが映えます。
疑似エンボス
2種類のニスを使うことにより、印刷物に凹凸感を表現でき、色域の強弱をがつくので絵柄を表現することも可能です。
シルクスクリーン(厚盛)
シルクスクリーン専用のインキを多く塗布することによって印刷物表面に凹凸感を表現します。
UVラミコート(ホログラム)
塗料とフィルムを使うことによってホログラムを表現します。単体でも綺麗ですが蒸着PETの上に加工すればメタリック感が加わりますのでホログラムが映えます。
お困りごとや見積もり依頼、仕様相談など、まずはお気軽にお問合せください。私たちスタッフが懇切・丁寧にご対応させて頂きます。
お困りごとや見積もり依頼、仕様相談など、まずはお気軽にお問合せください。私たちスタッフが懇切・丁寧にご対応させて頂きます。