よくある質問

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しています。
お客様がお知りになりたい事柄が記載されていない場合には、お電話にて随時受け付けております。
お気軽にご質問ください!

ラミネートについて

Q. ラミネート上からでも箔押しできますか?
A. 可能です。両面コロナ処理されているフィルムを使用することで、ラミネート上から箔押し・シルク印刷等様々な加工を施すことができます。
Q. 両面にラミネートできますか?
A. 可能です。片面にフィルムを貼ってから裏返し、再度同じ作業を行います。片面加工より時間が掛かる為、納期の調整が必要です。
Q. 後工程にサック貼りがあるのですが問題ないですか?
A. サック貼専用のフィルムを用意してあるので問題ありません。後工程にサック貼り・箔押し・シルク印刷等がある場合は必ず事前にお知らせ下さい。

コーディングについて

Q. 部分的に加工できますか?
A. 可能です。専門の板を作製し、部分的に抜き処理をして加工することができます(PPでは部分的な加工をすることができません)。版が高額の為、再版性のある案件に適しています。
Q. コーティング加工はどのような印刷物に向いていますか?
A. 耐摩耗性に強い為、雑誌の表紙・パッケージ(サック貼りにも対応可)によく用いられます。また、部分的に抜き処理をして加工できる為、教科書・ノート・カタログの表紙等に向いています(名前・店名記入欄のある部分以外を加工することができます)。
Q. 用紙選定で気を付ける点はありますか?
A. 基本的にコート系の用紙に限られます。マット系・上質系の紙は吸湿性が高く、ニスを吸ってしまうため。光沢効果が半減してしまいます。また、用紙斤量は四六判ベース135kg以上ないと加工できません(用紙銘柄によっては135kgでも加工できないものもありますので事前にお問い合わせください)。

印刷について

Q. UV印刷のメリットについて教えてください。
A. インキを瞬時にUV硬化させる為、乾燥時間をとる必要なく、生産期間を大幅に短縮させることができます。(後加工がある条件についてはすぐに取り掛かることができます)。また、弊社の印刷機械には、コーターユニットが付設されている為、UV印刷と表面加工をワンラインで行います。
Q. コーターニス・疑似エンボスって何ですか?
A. 弊社の8色印刷機に付設されているフレキソコーターユニットを使用する加工手法です。OPニスより塗布用が多い為、より高いグロス感を得られます。また、はじきニスを載せたあとにコーターニスを引くことにより、エンボス調の凹凸が生まれ、独特な感触・浮き出し効果を見せることができます。
Q. 特殊紙にも印刷できますか?
A. 通常の白紙以外にも蒸着紙・ユポ・透明フィルム・エンボス紙・コースター原紙等様々な原反に印刷することができます。また、厚紙印刷も得意としており、1mm厚まで印刷することが可能です。
お困りごとや見積もり依頼、仕様相談など、まずはお気軽にお問合せください。私たちスタッフが懇切・丁寧にご対応させて頂きます。
お困りごとや見積もり依頼、仕様相談など、まずはお気軽にお問合せください。私たちスタッフが懇切・丁寧にご対応させて頂きます。